民泊の部屋を抗菌コートしてもらいました

民泊は島外からのお客さまを受け入れるので、新型コロナとの接点になる。

基本石垣島で感染した人はホテル関係者が一番多いし。

個人的には持病は痛風だけなので、早いうちに感染して免疫を作っておきたいくらいなのだが。

先日もこんな感じでコロナ感染の疑いのある人が宿泊する可能性があった。

実際はカゼだったらしいけど。

というわけで、石垣島にもついに抗菌をしてくれる業者さんが上陸。あちこちと施工しているようなのでうちもしてもらいました。

上陸といっても、そのノウハウと権利を得ているということだと思うけど。

まずは、実際にふれる可能性がある場所徹的にふいてくれる。
この拭き作業にも抗菌液を使っている。
ガラスコーティング液に特殊な抗菌液を配合しているそうでコロナウイルスに有効な 経済産業省お墨付きの薬剤で、3年もコーティングしてくれるらしい。

玄関のドアノブ。

ドライヤー

体温計

スイッチ類

洗濯機も触れるね。

風呂場の水回りも。

ほかにもたくさんしていただいたけど、写真は省略。

次は30分のミストコースに入ります。部屋全体が霧状態に。

バルサンと違って、ハーブを使っているそうなので、この中で食事をしてもぜんぜん問題ないそうです。

業者さんからあらかじめ、バルサン並みの煙がでるので消防に連絡をしています。

この煙の中を普通に説明を受けていました。

脱衣場

お風呂

どのくらい菌がついているか数値でもわかります。トイレの便座が使用前。

使用後

なんと830分の1の数値に激減。これはすごいです。さらにこの数値は定着するとさらに少なくなるとか。

その動画はこちら。

これで安心してお客さまをお迎えすることができますね。

もちろん、これだけやっても感染する確率はゼロではありません。念のため。
可能性は減るということです。

施工時間は1時間30分コース。12月末までは割引サービスもしているそうです。

業者さんは、「抗菌クリーン@石垣島」さん。詳しくはサイトで

宿をやっている方、飲食店さんにおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事