民泊申請、なぜだか沖縄県は消防の検査が必要らしい

先日、保健所に申請に行ったのだが、さらに消防も関係してくるらしい。

民泊のサイトで印刷した、必要な書類の中に入っていないのに。

こちらのサイトがわかりやすいのだが、民泊部分が建物全体の半分未満で50㎡以下は消防用設備の設置は不要なのだ。

しかし、各部屋に火災報知器が設置してあるか、カーテンが防炎仕様のものか確認しにくるという。

わざわざよけいな仕事を増やさなくてもいいのに…

必要な書類は、

「消防法令適合通知書交付申請書」都道府県によって仕様が違う。消防署でもらえます。

面積の部分はわかりにくいけど、一番左が建物全体の面積、一番右が客室の面積、真ん中は左マイナス右で算出するようです。


そのほか、登記簿謄本のコピー、付近図(場所がわかるように)、住宅の平面図に火災報知器の設置してある場所がわかるもの。

予約をして1週間後くらいに検査、その数日後に消防法令適合通知書が発行されるらしい。

めんどくさいな〜

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る